【社長の覚悟録】到達したい姿を具体的に言葉にする

成長には、改善が「分かりやすい項目」と「分かりにくい項目」があります。

自分が見たくないことは、「分かりにくい項目」。
できれば触れずにやりすごしたいもの。
それなのに突然スポットライトを浴びて浮き出てくること、ありませんか?

自分の課題と対面すると、
劣等感や無力感というネガティブな感情に苛まれることだってありました。
今はチャレンジ精神が沸いてきて、乗り越えよう、解決しようと
ポジティブな感情を持てるようになっています。成長ですよね(笑)

正しいと分かっていることを行動していれば何も恥じることはない、と気付けたのも
自分で自分の成長を感じた一つ。
ただ、「正しいことを理念に基づいて行っていく」のは、大変孤独な道でもあります。

社長のよき理解者、心から信頼できる存在がいればどんなに良いでしょう。
しかし、社長の多くは孤独で、たった一人で鎧を着て闘っています。

本当に困っている社長たちの力になる
そんなことを改めて思った日でした。

成長のために「到達したい姿を具体的に言葉にすること」は大事です!

メタモルフォー代表 久保

シェアする