【社長の覚悟録】3つのお試しいただきたいこと

アフターコロナを見据えて今、私達ができる事。
融資や助成金等、行政が提供する様々な制度があります。
こちらのページ よくまとまっているのでご参照下さい。
弊社でも導入、ご提案しているものもございます。
新型コロナ 給付・助成金など支援制度まとめ – Yahoo!くらし

加えてさらに下記3点のことをご紹介したいと思います。

1、経営者自身の正気を保つ

リモートワークも始まり、社員の皆様のメンタル面への影響を
気にかけておられる経営者の皆さまのお声を、多々聞いております。
一方で、私自身もそうですが、経営者自身が極度の緊張に日々さらされており
思うように寝付けなかったり、先の見えない不安の中で
大きなストレスにさらされている事も事実です。

既に平時の業務が難しい中で
・三食きちんと食事をする
・十分な睡眠を確保するなど
・ルーチーンワークを守ったり、楽しんだりする事で
「正気を保つ」事が出来ます。

他にも
・運動の時間を定期的に取り分ける
・湯船につかる
・くだらないと思っても、お笑いを見たり、
 小さなギャグを探したり笑顔の源を自ら持つ
ことも、ぜひお試しください。

2、一人で抱え込まずに仲間を持つ

とにかく話せる相手を探し、かっこつけずに不安をぶちまけましょう。
もちろん、自分の中で消化できているのならその必要はありません。
ポジティブな話題で埋め尽くしてください。
でも、心の中に不安があるものを押し殺してしまうと、
この後のさらなる困難に対処することがより難しくなります。
吐き出せる相手に吐き出し、次に進むための力を得ましょう。
不安を吐き出したくなったら、いつでもお電話くださいませ。
「貴女は元気ですか?」というお電話も嬉しいです。笑

3、他者に『与える』事に注力する

資金繰りや、社内の雇用の維持、悩みは尽きない事と思います。
こんな時、私がいつも思い出すのは
『受けるより与えるほうが幸福である』という聖書の言葉です。
目の前の相手を元気づけられる一言、小さな感謝を相手に伝える。
「与える」事に注力しましょう。

弊社の理念は『全ての人が自分らしく生きる社会の創出』であり
世界全体がどんな困難に直面したとしても、
これからもこの理念を軸に活動してまいる所存です。
今まで通り『中の事は中の方が一番よく知っている』という考えを土台に
「実際に訪問してお目にかかってこそ感じられる現場の温度感」を
大切にすることに変わりはございません。

一方で、人肌のぬくもりを感じる事に制限をかけられている今
遠隔でのコミュニケーションを力強く支援したいと思っております。
特にZoomを使用するためのマニュアル等は、アプリの利用方法だけでなく
心理的壁を乗り越える方法まで記載した資料を、無償配布しておりますので
ご入用の方はお気軽にスタッフまでお申し付けくださいませ。

また、Facebook上でのオンラインサロンも開設しています。
毎日10分、久保がLIVEでの動画配信もしておりますので
下記よりお仲間になって頂けたら幸いです。
https://www.facebook.com/groups/206962690571755/

いつも、弊社を育んでくださる皆様に、心から感謝しております。
私達皆が力を合わせて、この局面を乗り越えまた笑顔でお目にかかれますように。

メタモルフォー 代表取締役
久保 彩


ポジティブオンラインサロンの取り組みは寄付制となっております。
「別の誰かの悩みを解決し、その人の心を軽くする」
そんな場を一緒に創造したいと考えております。
会の趣旨にご賛同いただける方は応援よろしくお願いいたします!
ご寄付の振込先
ジャパンネット銀行 ビジネス営業部支店(店番号005)
普通1553100
口座名義:株式会社メタモルフォー

経営者

Posted by 久保彩