【社長の覚悟録】メタモルフォーバイブル 見知守破離

私が何人もいたらどんなにいいだろう・・・
そんなふうに思っていた時期がありました。

しかし、私が何を感じて、何を思って、クライアントと向き合っているのか
どの様なプロセスを踏んでいるのか、
それをスタッフに伝える努力をする必要を怠ってはいけません。
何も言わず、ただ自分を見て学べというのはとても酷。
だからこそ、メタモルフォーのバイブルとなるガイドラインを作成しておりました。

茶道・武道の言葉に「守破離」というものがあります。
物事を学ぶ時の姿勢を表す言葉で、
「守る」「破る」「離れる」で「守破離」です。
通常はこの3段階ですが、弊社はその前段階で
「見る」「知る」のフェーズが必要でした。

さて、貴社の理念は何ですか?
ところで理念の定義とは何でしょうか?
そもそも経営理念はありますか?

弊社では
「組織を経営していく上で『理念』は『太陽』である」と定義しています。

弊社がメイン業務である経営コンサルティング以外の事業を行ったとしても
変わることなく輝き続けるものです。それを理念と呼びます。

理念に照らした時、自分自身は今どこにいるのか。
メタモルフォーの従業員一人一人がどこにいるのか?を考えています。
この理念に基づいて雇用や採用をしているのです。

創業者ではない場合、理念が腹落ちしていない場合があります。
また、仮置きであったりすることも少なくありません。
理念は太陽です。
これがないと経営できず、崩壊していくと思っています。
だからこそ経営をしていくのであれば、腹落ちしていない経営理念は
見直しをした方がいい、と進言させていただきます。

経営者の貴方にとって本当に大切なものは何ですか?
経営者が自社の理念を言える、腹落ちすることは何より重要なのです。

一度決めた理念に基づいて
すべてのあらゆる営みを決定していくことは非常にシンプルになります。

A3用紙にびっしりと詰まった成長のプロセスと見知守破離の枠。
それぞれの頭文字をとって「みちしゅはりMAP」と呼んでいます。

オンラインポジティブサロン内の彩ポジモーニング
(毎日8時から約10分間のライブ動画配信です)では
このみちしゅはりMAPを一枠ずつ解説しています。
ぜひご覧くださいね!(バックナンバーも閲覧可能です!)

>メタモルフォーオンラインポジティブサロン
https://www.facebook.com/groups/206962690571755/

メタモルフォー代表 久保彩

経営者

Posted by 久保彩