セミナーレポート◎建設ポジティブ会〜価値ある社内面談〜

セミナーレポート

2019年9月3日(火)に開催しました第30回建設ポジティブ会のセミナーレポートをさせていただきます。

建設ポジティブ会のご紹介

建設ポジティブ会は弊社メタモルフォーが主催する建設・建築業界に特化した経営者コミュニティーです。

墨出し職人として現場に立っていた弊社代表久保の
「建設業界を盛り上げたい!」という想いから2017年4月に発足致しました。

建設業界にポジティブ旋風を巻き起こす」ことを目的とし、明日から役立つ勉強会(+本音の飲み会も!)を開いております。

セミナーの内容

<セミナータイトル>
社員との『個人面談』にも計画と振り返りが必要です!

『社内面談』をホントに『価値ある』ものにするポイントご存知ですか?

1.前提条件の確認

ダニエル・キム氏提唱の組織の成功循環モデルを例にあげ「関係の質」を強化する重要性をお伝えしました。

2.面談の目的・目標(ワーク)

4つの観点で各自の現状を整理いたしました。
・何のための面談か
・目標は何と置くか
・面談時に心がけていること
・面談時の課題や気がかり

3.関係の質を向上するためにできること

参加いただいているのは経営者の方ですので、
自社従業員との「関係の質」を強化することが必須となります。
従業員が心をオープンにして話せるためにどのような姿勢が望ましいのかをお伝えしました。

4.思考の質を高める質問を効率的に用いる

質問の仕方は大きく2種類、クローズド・クエスチョンとオープン・クエスチョンです。
使い分けのポイントを合わせてお伝えしました。

5.面談が価値あるものになると何が変わるのか

関係の質が上がることで発展的に得られる利点も含めてお伝えしました。

6.わたしの実践行動
参加者の皆さまに実践行動の宣言をしていただきました。

最後に

時間調整を行なって設定した社員面談が、実りのないものであったなら非常に残念です。
また面談そのものの前に従業員・部下との関係が円満であることも望ましいのですが、
経営者と一般社員がなかなか触れ合うことができないことも事実。
面談に価値を見出すために悩んでいる方は多いと思います。

建設ポジティブ会は経営者コミュニティーといっても非常にアットホームです!
ご興味ございましたらお問い合わせください。

なお、メタモルフォーではご要望・ご希望に合わせた研修・セミナーもご提供しております。
お悩みのことがあれば一度ご相談ください。

今回、ご参加いただいた建設ポジティブ会の会員様にとって本セミナーが関係性向上の一助となれば幸いです。