株式会社エフブレイン 二タ見様

自分に向き合い自分で自分を育てる

株式会社エフブレイン
 
 
 

株式会社エフブレイン 社長 二夕見 貴史様

メタモルフォー(以下MET)
株式会社エフブレイン様と弊社はかなり長いお付き合いをさせていただいております。

二タ見社長
メタモルフォーさんには、顧問先として毎月社内に足を運んでもらっていますね。
社内の幹部ミーティングのファシリテート、財務面のアドバイス等をしていただいています。

MET
顧問とは別に、二タ見社長はMET式経営者塾にもご参加いただいています。
MET式経営者塾にどのような価値を感じていただけたのでしょうか。

二タ見社長
顧問としてはもちろん対社内のことがメインになります。
そのような時間とは別に、経営者自身が時間を取り分け、じっくり自分に向き合う事の価値を感じました。
普段業務に追われている経営者は自分との対話の時間を取れないケースが多くなりがちです。

MET
そうですね。「自分会議」の時間を捻出し、自ら確保してほしいと弊社はメッセージしています。
MET式経営者塾に参加されて、二タ見社長が感じられたメリットは他にありますか?

二タ見社長
一つは同じ経営に携わる立場にいる他の参加者がいることです。
他社の経営者も同じ様な悩みを抱えている事を知る事ができて、少なからず励みになりました。
また、他社の課題を自分事の様に考え解決していくワークも学びになりましたね。
今はその課題は自社にはない、でも経営をする上でやがて自社の課題にもなるかもしれない。
それだけではなく、今後も経営者ゆえの悩み・課題は尽きることなく出て来ると思います。
その際に、自分で課題解決をするためのトレーニングにもなりました。

MET
ありがとうございます。

二タ見社長
MET式経営者塾では、メタモルフォーさんのスタッフがサポーターとして入っていますがこれも面白かったです。

MET
「経営者」ではないスタッフも中にはおります。
そのようなスタッフがサポーターであることに違和感はありませんでしたか?

二タ見社長
「経営者」ではないからこその良さも感じますよね。
スタッフの方の過去の経験談を聞いていると「社員」の気持ちはこうなんだなと。
それは経営者だけではわかりませんから。

MET
そうですね。
このMET式経営者塾でお伝えしたことが二タ見社長にとって有益なものであれば嬉しいです。

二タ見社長
はい。これからも経営者として、この塾で学んだ「自分で自分を育てる」と言う事に取り組んでいきたいと思います。

MET
弊社スタッフ共々、これからもよろしくお願いいたします!