会社役員Y様

結果を出すために関係性の質は重要

メタモルフォー(以下MET)
MET式経営者塾に入塾された動機は何でしたか?

Y様
社長がいなくても会社が回る様にしたいと思っていたためです。
入塾してから、人任せにしないで自分でやっていかなければならないと感じましたね。
私は会社役員ですので、自分が発信したことが社長のビジョンとイコールにならなければいけないのだと強く感じました。

メタモルフォー(以下MET)
入塾前後で一番変わったことはなんですか?

Y様
使命感や、目標を達成する想いが一層増しました。
入塾していた1年間は、新規店舗拡大・組織強化の時期に重なって多忙な日々でした。
それを乗り越えられたのは、MET式経営者塾で、自分で課題設定をしクリアをしていくトレーニングを教わったからです。
タスクの多さに圧倒される事なく、むしろ果敢且つ意欲的にチャレンジする事ができたと思います。

メタモルフォー(以下MET)
その他にMET式経営者塾で得たことがあれば教えていただけますか?

Y様
「人との関係性」にフォーカスして物事を考える大切さを学びました。
ただ単に関係性を良くするというレベルの話ではなく、「目的を達成し結果を出していくため」の手段として関係性は欠かすことができないものだという事を学びました。
そこを意識して仕事をしていく中で、今までは人と接する事自体、苦だった自分が意識的に関係の質を上げる様努力するようになりました。
自分のコミュニケーションの取り方が変化したことで、部下同志や、店舗全体の関係性もとても良い物になったと感じています。

メタモルフォー(以下MET)
もし薦めるとしたら、どんな人に薦めたいですか?

Y様
「課題が沢山ある人」「仕事や人生でうまく行っていないと感じる人」にはぜひおすすめしたいです。
その原因・原点が何かを学ぶことができます。その解決を自分の手でする方法も学べます。

メタモルフォー(以下MET)
参加する際の注意事項等あれば教えてください。

Y様
この塾は自主性が求められます。
経営者として、仕事や多忙をを言い訳に欠席したり、自らに課した課題を実施しないと、結果を出すことができません。
参加をする前には自分で課題を持って参加するようにしましょう。
課題を自分で見つけること自体が訓練でもあり、表層的な課題でなく根本的な課題を見る事も、自分でしていく方法を学ぶことができます。
この塾では、課題にも「質」がある事を学びます。自分一人で解決できるような課題は課題ではありません。
課題解決は一人でするのではなく「人との関係性の中で解決する課題」こそ、真の課題であり、この塾を通じ経営者はそこに向き合う必要があると思います。